« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

Night じゃなくて Knight

今日はレス返しから。

 

捕鯨さん>

こんにちは。コメントありがとうございます。そうですね、民主の動きが無様だったら、次はどこに入れりゃいいんだよ、って感じになっちゃいますもんね。与党の批判しかしてない所は、そういうのが不安なんですよね~

 

 さて本題。今日はいつも使っている駅前のCD&DVDレンタルショップに行ってきました。

 

 借りるのは大抵サウンドトラック系のCDだったり、1980年代のポップスだったりで、最近の曲はほとんどスルー。その店は行くたびにいつも『あるジャパレゲのアーティストが今年6月に出したシングル』が流れていて、やっぱ売るためには結局刷り込みしかないのかなあ、などと思ってしまう次第で。

 

 さて、今日借りてきたのは、探偵!ナイトスクープという番組のDVD。関西方面にお住まいの方なら知らない人はいないだろうけど、関東ではかなり知名度が低い。ABC(朝日放送)制作なので、関東ならテレビ朝日で放送されるのが自然なのですが、どういうわけか流れていない(2005年3月で打ち切り)。その代わり、テレ玉tvkチバテレといった独立UHF系で放送されています。テレ玉やtvkだと、時間帯がゴールデンタイムなので、なかなかUHFにチャンネルを回す人がいないんじゃないかなあ。ちなみに私はSky・Aで見てます。これがいちばん確実。詳しい番組の内容はWikipediaを見て下さい(なんだそりゃ)。

 

 で、私は1999年~2003年まで関西に住んでいたので、その間はよく見てました。ギリギリですが上岡龍太郎時代を知っています。しかしそれ以前は全く知りません。1988年に放送開始となったこの番組、初期の頃を見てみたいと思い借りてみたのですが……

 

生瀬勝久若すぎ!!しかも名前違うし!!

この頃から岡部まりが秘書なのか!!

桂小枝に髪生えてる!!

しかもこの頃からパラダイスネタかよ!!

 

……などなど、かなり驚きながら見てました。

 

 個人的には、探偵局長は西田敏行も悪くないですが、上岡龍太郎の方がいいなあと。特に番組冒頭の口上や、探偵の紹介の歯切れのよさがあるのとないのとで、ずいぶん印象が違うもんです。

 

 このDVDに収録されているエピソードは 「カーネル・サンダースを救出せよ!」 「淡路島のパラダイス」 「浪花のモーツアルト」 「キョーレツな寝言おやじ」 「日本一周旅行中の息子」 「人気者の犬のさっちゃん」 「能勢の昔の恋愛」 「大和川ボート通勤」の8本。いちばん面白かったのは「日本一周旅行中の息子」。母親が息子に抱きつくシーンは涙と笑いが入り混じるフクザツな心境になれます。

 

 というわけで、とても面白かった。また借りてこようっと。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日も雨ですなー

 一体いつになったら関東は梅雨明けするんだ、という感じで、今日も雷雨。今も外で雷光・雷鳴が続いています。

 ここまで梅雨明けが遅いと、2003年の夏を思い出します。その年の関東の梅雨明けは8月2日頃なのですが、その後も断続的に雨が続き、夏に行われたコミックマーケット64は、開催された3日間通してずっと雨という悲惨な状況でした。

 今日はコメント返しのみで。ちょっと忙しいので……

 

草薙義之さん>

こんにちは。お会いするのはez-key以来ですね。メッセージありがとうございます。私も民主党が支持されたのではなく、反自民勢力に票が流れたのだと思っています。税金って高いですよね。消費税も上がりそうな気配ですが、食品だけは現状維持にして欲しいなあ、なんて思ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

参議院選挙とか

買い物に出かけたら、帰りに雨が降ってきてしまい、ずぶ濡れになって帰って来た戸越まごめです。

今日はまずコメント返しから。

 

ニック蜂丸さま>
こんにちは。コメントありがとうございます。ez-key という場でファン同士の交流が芽生えたということ、とても嬉しく思います。管理者サイドの人間が多く発言してしまうと、どうしても管理者⇔ファンの交流の場という流れになってしまい、放置すると閑古鳥になってしまうんですよね。コミュニティの運営というのは難しいものです。

 

切儚さま>
こんにちは。公式通販でリトバスお買い上げ頂きありがとうございます。適当に気が向いた時に発言しようかな、などと思っております。コメントありがとうございました。

 

Ja2さま>
こんにちは。DX7は本当に憧れでした。機材についてはこれからもボチボチ取り上げようかと思っています。そういえば AIR で使った機材はどこかでリストアップした記憶があるんですが……ここでは SY99 は使っていませんね(汗)。

 

 

 さて、本日は参議院選挙でした。私は期日前投票を既に済ませていたので、今日は投票所に足を運んではいないのですが、皆さんは足を運ばれましたでしょうか。各報道を見ると「自民惨敗」などの文字が躍っていて、これで政局がどうなるか、なんて話もあるようですが、結局これって参議院選挙じゃないですか。定員242のうちの119に対する投票でしかないわけで、結果の考察はともかく、これで政治が大きく変わるなんてことはないわけです。衆議院の定員480の過半数を野党が取ったら変わるとは思いますが(笑)。結局、年金や消費税の問題がどうなるわけでもないわけで。明日からまたいつもどおり、770兆円の借金を抱える日本が、抜本的対策も何もなく継続してゆくわけです。

 それにしても、地方の1人区でも大半の所で野党が議席を確保しているのが驚きです。今までは1人区や地方は自民が強いってイメージがあったんですが、これも参議院だからなんでしょうか。衆議院だと地盤・看板の力で与党が取りそうな感じもしますが(^_^;)

 

 ところで、今回の選挙の争点にもなった年金問題で1つ話題を。20歳以上は加入の義務がある国民年金、皆さんは現在の国民年金保険料が、月額何円か、すぐ出てくるでしょうか? サラリーマンは天引きされているので、恐らく全然気にしていないはず。検索するなり給与明細を見ればあっと言う間に分かるので、ぜひ一度調べてみて下さい。ついでに住民税や社会保険(国民健康保険)の保険料なんかも調べてみるといいでしょう。これを高いと見るか、安いと見るかは、皆さん次第です。私は高いと思いますけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝☆リトルバスターズ!発売/SY99

 本日、めでたくリトルバスターズ!が発売となりました。

 秋葉原および日本橋の一部店舗では0時深夜販売も行われたようですね。沢山の方々が既にお買い上げいただいているようで、激しく感謝しております。これから、仕事帰りにショップに寄ってお買い求めになられる方々も大勢いらっしゃることでしょう。"MELTY BLOOD Act Cadenza Version B"も良いですが(笑)、一緒にリトルバスターズ!もぜひよろしくお願いします。m(__)m

 

0723_sy99 今日は機材の話。私が現在メインで使っているキーボードは、今から16年ほど前に製造された、YAMAHA SY99 というシンセ。昔はプロの人もステージで結構使っていたんですが、今はほとんど見なくなってしまいました。基本的には入力用デバイスとしての使い方が中心で、実際に使う音色は PC 側の DAW に立ち上げたVSTiだったりするんですが、これ単体の音は1990年代の特徴的な音色が盛りだくさんで、弾いててとても気持ちがいいです。AFM(Advanced Frequency Modulation)音源が乗ってるので、懐かしの DX7 エレピの音もそのまま鳴りますよ。なので、せな★せなの曲で使ってみようかと思っています。ハイ。

 

 FM音源と言うと、ゲーム音楽とか着メロを想像する人が多いのではないでしょうか。なもんで『音が細い』とか『ちゃちい』とか、そんなイメージがあるんじゃないかと思うんですが、本当はそんなことない。

 私は DX7 のサウンドにやられた口なので、そんなマイナス的なイメージは微塵もなくて、むしろシンセらしくかっこいいイメージの方が強い。6オペレータの音色は表現力豊かで厚くて、ゲーム機とかの2オペ4オペのチップと一緒にくくっちゃダメだと思う。最近は使う人が減ってきちゃったけど、今だからこそ、FM 音源ブーム、みたいのが来てもいいんじゃないかなあ、なんて思ったりもします。(もちろん6オペの方でw)

 

……なんて書いても伝わらないと思うので、FM 音源と当時最先端だった PCM 音源をふんだんに使った、私のお気に入りのアルバムを1つ紹介。Key ファンなら「おや?」と思うようなタイトルの曲もありますよ(笑) オススメは Track 3 と 5……って、えええこれ今再販してないの!?!?ショックだ…… |||orz

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.07.21 Short Circuit II @ 新木場 Studio Coast

0721_short_circuit 遅くなってしまいましたが、7月21日の報告を。

 

当日はせなか様、frip Sideのsat様・nao様、そのほかの方々と一緒に、SHORT CIRCUIT II 発売記念ライブを観覧することが出来ました。(UYE!様のご厚意に激しく感謝!m(__)m) 終始展開される KOTOKOさんと詩月カオリさんの (゚∀゚)キュンキュン!! ワールドに圧倒されてしまいましたよ。Keyの開発室でよく聴いた 恋愛CHU! とか Pure Heart とか生で聴けてとっても満足。オーディエンスのばっちり合ったコールやサイリウムの動きは、2階から見るととても綺麗で印象に残りました。

 

 その後都内某所に移動して、milktubのbamboo様(OTSU#01以来です、お久しぶりです)、4-EVERの小池雅也様(はじめまして!)ほか、まだ明かせない素敵なボーカリストの方々も交えて、せな★せなの打合せ。皆さん〆切に苦しんでいるようで、私も例に漏れずギリギリな進行。果たしてちゃんと形になるのだろうか、という不安を抱えつつ、せな★せな企画はちゃんと進行してます。っていうか進行しちゃってます。こんなんでええんか。当の涼元悠一さんも冷や汗モノだ(爆)

 

レス返します。遅れてごめんなさい。

 

切儚さま>

レスありがとうございます。ちょくちょく拝見させていただきますね。リトルバスターズ!も明後日発売なので、盛り上がるといいですな!

 

メールで頂きました捕鯨さま>

応援ありがとうございます。Key以外の別の場所で見かけたら、その時はどうぞよろしくお願いします!メールありがとうございました。 

 

今回のアフィリエイトは、この日sat様からデモを頂いた、来月24日発売のこのCDを。現在ヘビロテ中で、許可が得られたら詳細のレポートをしてみようか、などと考えています。fripSideの曲を1曲でも聴いたことがあって、それを気に入ったのであれば、間違いなく「買い」ですぞ!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のこととか

 今朝も外は小雨が降っていて、いつになったら梅雨が明けるんだという南関東の今日この頃。

 今日は新木場で SHORT CIRCUIT II というライブがあるらしいのですが、例のせな★せなに参加しているクリエイターさまが何人が来られるということなので、ちょっと足を運んでみようかと思っています。I've 関係、特に KOTOKO さんが舞台に立つライブは、一昨年の "I've in 武道館" しか見たことがないんですが、最近のテレビとかでよく見るオタ芸をやられたりする方もいるんでしょうか? 何しろ SHORT CIRCUIT ですからね(汗)

 

ちょっと眠いのでコメント返しはまた後日に。なんかヘロヘロですみません |||orz

どうでもいいんですが、即売会のサークル参加の抽選に当たり、参加できる状態になったことを示すのに『受かった』とか『合格』という言葉を使うのはどうかと思ったり。(あんまり気にする人はいないのかもしれませんが)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日以上のアクセス数(´д`;)

なんだか昨日の3倍以上、訪問者数が 4,000 もあるんですが(汗)。大手ニュースサイトさまが取り上げて下さったようで、関心の高さが窺えます。この関心の高さそのままに、

ぜひ皆さん、7/27発売のリトルバスターズ!

応援して下さい━(゚∀゚)━っっ!!!

 

 

 1つ興味深いのは、大手blogサイトの見出しに『Key退社』と書かれ、それがコピペであちこちのニュースサイト等に広まっていた点。詳しい方ならご存知のとおり、Keyはビジュアルアーツ内の1ブランドに過ぎないので、表現としてこれは誤りです。恐らく、Key単体で会社組織だと思われているんでしょうね。(×:Key=VA ○:Key⊂VA)

 

 昨日の電灯は、とりあえず別の部屋のを移設して復旧しました。その部屋は夜間出入り禁止ということで……(笑)

 

 ここからコメント返しです。

 

電子メールでお送り頂いた名無しさま>
(t**.d*******.o*.w*****.d**@gmail.com)

こんにちは。Farewell Song がきっかけで Key のゲームに興味を持っていただいたこと、たいへん光栄に存じます。Key からは一旦離れますが、また別の場所でお会いできるかと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。メッセージありがとうございました。

 

梦月さま>

こんにちは。ez-keyにアクセスしていただいてたとの事、大変感謝しております。

終始1人で作っていた拙いサイトでしたが、BBSに多くの人が集い、楽しく話をしているのを見て和んでおりました。メッセージありがとうございました。

 

新宮寺さま>

こんにちは。メッセージありがとうございます。

anemoscope の頃からというと、もう8年になりますね。これからも頑張りますので……というか、現時点で既に頑張ってますので(笑)、どうぞ宜しくお願いします。

 

切儚さま>

こんにちは。非公式ez-keyのURLありがとうございます。こういった関連性の高いサイトであれば何ら問題ありませんよ。

BBSは私が作ったものより全然出来がいいですね(汗) 素晴らしい!! 当時の常連の方々のハンドルが幾つも見られました。お元気そうで何よりです(^^)。鍵1とかやってた頃が懐かしいですね。メッセージありがとうございました。

 

いちご牛乳さま>

こんにちは。沢山の曲を気に入っていただき、熱心に応援していただき、ありがとうございます。

智代アフターに続いてスポット的な参加になってしまったのが悔やまれますが、Key以外の場所でも私の曲に触れる機会はまだまだあると思いますので、その時はここのblogでも告知するので、今後ともひとつよろしくお願いします。m(__)m メッセージありがとうございました。

ちなみに『Loght Colors』は私の曲ではありませんよ(汗)

 

Chack'nさま>

ごぶさたしております。もう数年お会いしてないですね。

プロ意識なんて大したモノを持ってた訳ではないですが、この業界でごはんを食べていると、出来ることと出来ないことがあるので、その辺りの分別はつけてた……というのが実態かもしれません(笑)。

これからも頑張りますので、ひとつよろしくお願いします。メッセージありがとうございました。

 

草薙義之さん>

こんにちは。ez-keyではありがとうございました。

残念ながらログは残っておりませんが、ロスタイムまで皆さん何度もBBSに書き込んでいましたね。ez-keyと言えば、4月1日に日付表示を変にしてみたり、アイコンをランダムにしてみたり、色々やった事をよく覚えています。まだCDMA、機種で言うとC400番台の頃から運営していましたが、沢山の人に愛されていた場所だったんだなあと思います。

ちょくちょく非公式ez-keyにも寄ろうかと思っています。メッセージありがとうございました。

 

Ja2さん>

こんにちは。メッセージありがとうございます。

私の音楽がきっかけでDTMを始められたとのこと、非常に嬉しく思います。最近はDAWが普及したこともあり、個人でもかなりのクォリティの音楽が作れるようになりました。貪欲にいろんな知識や技術を吸収することが上達の近道です。頑張って下さいね。

 

幸也さま>

こんにちは。「空に光る」や「Gentle Jena」を気に入っていただき、ありがとうございます。

以前書いたことと重複になってしまいますが、他の場所で私の音楽に触れられる機会は今後もありますので、その際はぜひ応援よろしくお願い致します。メッセージありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電灯が壊れてしまった……

 家の作業場で使っている、天井吊り照明が壊れてしまいました。
昔ながらの和室用ペンダントライトで、30型と32型の丸い蛍光灯を使うものなのですが、大きい方の蛍光灯が突然切れて、何やらこげくさいニオイが……(゚Д゚;;)

 

 とりあえず近所のホームセンターに行って、新品のスタータと蛍光灯を調達。交換したのですが、復活しませんでした。どこか中で短絡してるのかな? 今は小さい蛍光灯が生きているので大丈夫ですが、代わりのものを買わないといけませんね。リサイクルショップを適当に見回って来ることにしましょう。雨降らないといいなあ。

 

 昨日のアクセス数は 2,389、訪問者数は 1,291 と出ました。一昨日までの累計の約5倍というとんでもない値が出ています(汗) ネット上の情報伝達の早さを改めて感じた次第です。

 

ここからコメント返しです。

 

雪丸子さま>
こんにちは。CLANNADの曲を気に入っていただけて嬉しく思います。
『は~りぃすたーふぃっしゅ』人気ありますね。有りがたいことです。フリーでも頑張りますので宜しくお願いします。

 

梢さま>
こんにちは。幾つもの曲を好きになっていただいて有りがたく思います。
"anemoscope"に収録されている"The fox~"のアレンジバージョンは、折戸さんの編曲ですね。作曲はOdiakeSさんで、曲作りの方に私は関わっていないのですが、"recollections"収録のバージョンではmixを担当しました。ベースの音色に、先日のリトバス展示会で飾られていたYAMAHA AN200が使われています。

 

yorihikoさま>
こんにちは。応援ありがとうございます。
スタッフ日誌はあまり得意ではないので……(汗) その代わり、au用の携帯サイト"ez-key"の掲示板では、たびたびカキコしておりました。残念ながらez-keyのサイトは昨年10月に閉鎖となり、今はもうありません。

 

みー♪ さま>
こんにちは。コメントありがとうございます。
6/8拍子だから悩むということは、ほとんどありませんね。美凪の優しいイメージを表現するにあたり、自然とそうなった感じです。ユニゾンはフルバージョンのmp3が公開されて以降、じわじわと人気が出ている感じがします。

ゲームもぜひプレイして下さい。全曲私が書いてますので……

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アクセス急増……?

 日付が今日に変わってからまだ3時間弱ですが、昨日までの累計を軽く超える量のアクセスが来ています。(なぜか理由はもちろん分かっていますよ^^;)

 幾つか労いのコメントも見られました。本当にありがとうございます。確かに社員としての活動は『リトルバスターズ!』が最後となりますが、外注という形で関わる可能性は残されていますし、フリーになって活躍の場が広がった、と言うことも出来ます。実際、幾つかお話を頂いておりますので、そのうちどこか意外な所で私の名前を見かけることがあるかもしれませんよ。

 ……というか、現段階で公になっているものとして『せな★せな』という企画があります。正直スケジュール的にかなりしんどい上、ボーカル曲で、他にビッグネームのクリエイターが名を連ねていて、物凄く(((゚д゚)))な感じもしますが、ががっがが頑張ってますよ(汗)

 

 ひとまず、発売が延期にもなってませんし(汗)、私が息を引き取った訳でもありません(笑)。落ち着きましょう。来週金曜発売の『リトルバスターズ!』を全力で応援して頂ければ、戸越としても嬉しい所存であります。ぜひ宜しくお願い致します。m(__)m

(7/17 7:21 少し訂正しました。)

 

ここからコメント返しです。

 

>sabotenさん

は~りぃすたーふぃっしゅ、懐かしいですね。風子の可愛さを引き立てているBGMだと感じていただけて、私自身も嬉しく思います。コメントありがとうございました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

recollections

まともなトラックバックやコメントが1つもつかない過疎地のblogへようこそ。こんにちは、村長の戸越まごめです。

今日はちょっと懐かしい話でもしましょうか。

 

 私の作った音が商品化された初めての CD は、ご存知の方も多いことでしょう "anemoscope" です。 1999年6月4日に発売された、Kanon初回限定版に同梱の初回特典CDであります。当時はまだエロゲの主題歌ですら珍しかった時代、そこに初回特典がサウンドトラックで、しかも全曲がゲームCD-ROMのCD-DAトラックとは異なるバージョンというのですから、話題にならないはずがありません。実際、発売後しばらくはオークションなどでも高値で取引されていたようです。

 

 そんな"anemoscope"が欲しくても手に入れられないというファンへの救済策として出したのが、今日のお題目"recollections"です。2001年の冬コミで販売しました。基本的には"anemoscope"の再録なのですが、それを持っている人が聴いてガッカリしないよう、やはり中身を少し変えねばならんな……という流れになって、殆どの曲が再録・再ミックス、Liaさんの歌うLast regretsの追加、そしてアルバムとしての一貫性を持たせるためにインターリュードを付加するなどしていった結果、"anemoscope"とは全く色合いの異なるアルバムに仕上がりました。

 

 定価も頑張って安めに設定したのですが、売上枚数は Kanon のオリジナルサントラには敵いませんでした。まあそれは当然なんですが、昨年京都アニメーション様のアニメがオンエアされてから、若干販売数が伸びたようです。BGMとして使われることが結構多かったようですね。僕が見てる限りでは Little fragments へ繋がる Interlude が結構頻繁に使われていた印象があります。

 

 個人的には、Kanon マキシシングルで収録した「Little fragments」のアレンジバージョンが気に入っています。Kanon に出てくる5人のヒロインのテーマBGMを上手く繋げて演出した所、聴いてくれた皆さんからも高評価だったとか。エンディングのスタッフロール後で流れる曲なので、それもあいまっていい雰囲気になってくるんでしょうね。

 

 ま、一番のお気に入りなのは「木々の声と日々のざわめき」なのですが、"recollections"では雰囲気が合わないということで収録見送りになってしまいました(つд`)。そんなわけで、"anemoscope"でしか聴けない曲が2つほどあります。もう1曲は「笑顔の向こう側に」だったはず。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1 Grand Prix 1987 DVD

A2_1 戸越まごめはF1好きでもあります。

1989年のアラン・プロストとアイルトン・セナによるマクラーレンチーム内対決の頃から5年ほど見ていて、その後しばらくの間見ていなかったのですが、昨年からまた見るようになりました。このDVDはそのもっと前、鈴鹿に日本GPがやってきた1987年の全レース・ハイライトを収めたものです。先日amazonに注文したものが、やっと手元に届きました。

 現在はフジテレビ721のF1中継の解説を担当している今宮純さんが解説をしているのですが、以前LDやVHSで発売されていたもの(全5巻)をそのまま収録しているため、内容はF1初心者に向けたものとなっています。なので、思わず「そんなの言わんでも分かってるよ」とか「そんな事聞いてどうする?」とモニタに向かってツッコミを入れたくなってしまうこともしばしば。しかし、解説を全てカットした音声トラックもあるので安心。BGVとしても使える仕様になっている……のかな?(笑)

 当時の主な規定は、1500ccターボ(過給圧4バール以下)、燃料180リットル以内でレース中の補給は不可という、今とは全く違うもの。また、ドライバーの足が前輪の車軸より前に出ているのも特徴的です。このシーズンは3勝しかしていないネルソン・ピケが、6勝をあげたナイジェル・マンセルよりもポイントを上回りチャンピオンになっています。ピケが2位を7回獲得したことに加え、マンセルのノーポイント7回というのが響きました。

  レースの中身は大体知っていて、アメリカ・フランス・イギリス・ドイツの4戦は映像として見たこともあるのですが、ウイリアムズ・ホンダの快走が目立ったシーズンでありました。この頃のF1は今ほど緻密なレース戦略というのが無くて(タイヤ交換や燃料補給の規定がないため)、ターボエンジンのパワー勝負の色合いが濃かった時代です。オーバーテイクの方法もコーナー手前のブレーキングではなく、最高速の差を使ってストレートで豪快に、というのが多々あります。

 印象的なのは、まだ旧コース時代のシルバーストーンで行われたイギリスGP。ホンダの1234独占と、ピケ・マンセルによる熾烈なトップ争いは思わず叫びそうになるほど熱中できます。そして、モナコ・アメリカの市街地2連戦で優勝したアイルトン・セナ。黄色いロータス・ホンダのマシンを操る姿は、今はもう見ることが出来ません。

 それにしても懐かしいマシンが沢山出てきます。マルボロカラーのマクラーレン、緑のベネトンもそうですが、ミナルディ・ティレル・リジェ・マーチ・アロウズなど……もう記憶の片隅にしか残っていないようなチームの車も沢山走っていました。

 1988年のDVDも8月発売だということで、こちらも楽しみです。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK

 先日、『神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK ~EPISODE 1&2 BOX EDITION~』の初回特典としてついてくる、オリジナルサウンドトラックCDのマスタリングをさせて頂きました。マスタリングとは何ぞやというと……ここから先はKuroCoさんのblogと被るので、そちらをご覧下さいまし。

 定価が \2,800(税別) というタイトルにもかかわらずサントラCDが付いてくるという、なんて太っ腹なパッケージなんでしょう。いやはや、メーカーの皆さんご苦労様です。発売が何度か延期になってしまっていますが、8月10日に決まった様子。無事に発売されることを心から祈りつつ。

 それにしても、デモムービーがとってもかっこいいので、ぜひ一度ご覧いただきたい!
 こちらからダウンロードできます。ちなみにニコニコ動画にも上がっています。

 fripsideさんが作られた主題歌『hurting heart』にシンクロしているのは勿論なのですが、その演出がとても素晴らしい。最近のエロゲーデモにありがちな「プラグインと素材を多用した、とてもせわしなくて何を見せたいのかよく分からない動画」とは一線を画す、「伝えたいテキストや見せたいCGを、ユーザーが理解できるように的確に見せ、しかも演出がかっこいいデモ」に仕上がっていることです。時間配分を考えて、コンテンツの量をあえて絞っているのでしょう。だからこそ洗練された美しいデモが出来上がるのではないでしょうか。デモを作られた柊☆でぃるまさんのセンスに脱帽です。

 そんなこんなで、通称「黒ポリ」をどうぞ宜しくお願いしますm(__)m

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらばKey、さらばビジュアルアーツ

 恐らく、今がこの事をblogに書くタイミングなのではないかと思います。

 

 結論から言いますと、戸越まごめは昨年10月、ビジュアルアーツを自己都合退社致しました。今更ではありますが、在職中にお世話になりました各方面の関係者の皆様に、厚く御礼申し上げます。

 Kanon初回特典"anemoscope"でデビューしてからの約7年間、長いようであっと言う間でありました。素晴らしいクリエイターの皆さんと一緒に仕事が出来るという、とても貴重な経験をさせて頂きました。

 

 今後の音楽活動につきましてですが、現在はフリーとして活動をしております。既に商業作品のお仕事を頂いており、そのうち皆さんの耳に届くことがあるかもしれませんが、最終的にはクリエイターという仕事を退き、在職時代に培った他の業務の経験を生かして、別業種の仕事に就こうかと考えております。音楽的な活動は、ブロードバンド全盛のこのご時世、ネットだけで十分出来てしまうので、趣味の範疇で細々していければ、という感じです。

 

 ……というわけで、今月発売になるKeyの最新作『リトルバスターズ』が、ビジュアルアーツ在職中の最後の音楽作品になります。……とは言っても、作曲1曲とアレンジ1曲のみのほとんどゲスト的な参加ですので、あまり期待はなさらないようお願いしますね(^_^;)

 

 戸越を応援してくれたファンの皆さん、戸越の曲を愛してくれた皆さん、その数は、他の錚々(そうそう)たるスタッフ達のファンと比べると、とても少ないかもしれない。でも、あなたたちのおかげで、僕は頑張ることができました。

 かつての ez-key BBS の常連の皆さん、更新がとても遅いサイトなのに、何度も足を運んでくれて、いつも楽しい話を聞かせてくれましたね。本当に励みになりました。

 

 最後になりますが、CLANNADのアニメ化も決まっているようですし、他にも過去に作った音楽に触れる機会は今後も多いかと思います。その時は「そういや戸越まごめなんて人もいたなあ」などと思って頂ければ、それだけで嬉しいです。

 

 みんな、本当にありがとう。
 意外な場所で見かけた、その時にはよろしく。

 

●2007.07.17 6:50追記>
他サイトからリンクでこの記事にアクセスされた方は、
『アクセス急増……?』の記事にも目を通していただければ幸いです。

 

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »