« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

秋葉原で見掛けた痛車

秋葉原で見掛けた痛車
まさか花菱デパートの社用車に会えるとは思いませんでした。

元ネタを知らない人は痛車とは気付かないかも。露骨でない所が良いですね。センスが光ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりあえずレスのみ。

ちょっと体調が悪い日々。とりあえずレスを。

kin さん>
仰るとおり、ビジュアルアーツに在籍してた時代の仕事です。
来月発売なんですね。知りませんでした(汗)

いわたかさん>
ところが写真を反転すると、今度は右手の位置に左手が来るんですよ。
謎は深まります……
満員電車は夏の方が着膨れしないので楽かなあ。冬の雨の時の方が嫌です。
夏服という響きも懐かしいなあ……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手が逆

先日どこかの駅で、水泳の北島康介選手が写ってる看板広告を見かけたんですが、どういうわけか左手の位置に右手が写ってるんですよね……

写真用に手だけを見せる、いわゆる手タレという職があるくらいで、手の見栄えというのは重要だというのは分かるんですが、もしこれが意図的でないものだとしたら、ちょっとお粗末すぎますなー

今日も東京は快晴。27℃まで気温が上がるらしく。
すっかり夏ですなあ……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レス返しのみ……

すみません、今日はネタがないのでコメント返しのみで……

kajiya さん>
planetarian プレイしていただきありがとうございます。
小規模の作品ではありますが、思い入れも強い作品なので、気に入ってもらえて何よりです。
良かったらドラマCDも聴いてみて下さいね。

ALPHA さん>
諸外国では比較的容認されているRMT、日本で禁止しているのはなぜか。
容認するとMMORPGが仕事になってしまうんですね。つまりゲームじゃなくなってしまう。
「ゲームはあくまで遊びの一つ。楽しくてつい時間を忘れちゃうけど、体を動かす他の遊びや勉強も大事。それを疎かにしていると、社会に出て立派な大人になれないから、のめり込み過ぎないようにしましょうね」……と、ゲームを遊びの1つとして根付かせ啓蒙活動を行った人物が日本には居たのです。誰かはあえて書きませんが、彼の与えた影響は20年以上経った今でも非常に大きいと思いますよ。

いわたか さん>
更に言うなら使用者個人やキャリアが気をつけていてもダメで、その人を取り巻く社会全体が誘導しなきゃダメな部分もあるわけだ。特に女性はケータイの電池ゲージが1つ減っただけで不安を感じる人もいるくらいなので、それは違うだろうと呼びかける運きがあってもいいんではないかと。大人も子供も関係なく、人との繋がりを建前として、実は機能と利便性に翻弄されているだけの人は、携帯が普及して数年たった今もかなり多い感じがしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話に思う

このblogは携帯電話からも更新しているんだけど、よくよく考えると携帯電話で長文を書いてblogに投稿なんてのは、20世紀には考えられない事だった。

携帯サイトが発達して、長文を電車の中で懸命に打っている人の姿も日常となり、社会問題にも発展しているこのご時世ですが、こんな記事を見かけました。

小・中学生のケータイ所持禁止も提案 - 政府・教育再生懇談会
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/05/19/008/

メディア各社によって表現が異なり紛らわしいのですが、携帯電話の所持禁止に動くということではなく、提案された3案のうちの1つが所持禁止だったという話。他に機能を限定するとか、フィルタリングを義務づけるといった案があります……が。

あくまで個人的な意見なのですが、法令による携帯電話の所持禁止というのは、臭い物には蓋をするという意味にほかならず、何の解決にもならないと思うんだけどね。これはインターネット全体でも同じ事が言えるわけなんだけど、正しく使えば便利な道具だし、誤った使い方をすれば年齢関係なく犯罪に結びつく。

解決法としては、親が端末を徹底管理するというのも自然だとは思うけど、それ以上に業界各社の啓蒙活動に期待したいところ。過去にMMORPGが流行して廃人やRMTが社会問題になった時もそうだけど、IT業界って利用者へのリスクの説明や啓蒙活動をほとんどせずに、後に社会問題化して結局後手後手というケースが多い気がする。早い時期から政府広報みたいなCMを作れとは言わないけど、他社との競争よりも優先すべき大事なことだと思うんですけどね。

携帯電話の問題は多々ありますが、いざという時にとても有効で便利な道具であるという事を忘れてほしくないと思います。所持禁止は最後の手段にして欲しいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山本はるきちライブ見てきました(2)

 山本はるきちさんと言えばLOOK時代からのファンであれば、真っ先に思いつく曲が Round at the night だと思います。アニメファンであれば劇場版ガルフォースの挿入歌と言っても通じるかもしれません。今回のライブではこの曲を、ほとんど原曲と同じオケで披露しておりまして、会場の中では涙ぐむファンも見られました。もちろん私も当時とほとんど変わらない歌声に感激してしまいました。

 そう言えばmixi内に山本はるきちさんのコミュニティがありまして、そのコミュニティ限定のCDをリリースしているのですが、それが同人CDと同様の1枚1枚手作りのCD-Rでして、ちょっと驚いてしまったり。しかし中身は同人とは一線を画すもので、クォリティは非常に高く、心地いいサウンドと切ない歌詞に思わずぐっと来てしまうのでした。こんなところからも、仕事としてのミュージシャンから、ファンサービスも考えたアーティストへと変化している様子が伺えます。

 ライブの話に戻りまして、今回私自身が感激したのは、難しいキーでも楽しそうに弾き語りをしてしまう姿だったり、心地の良い音色やオケのセンスだったり、何度となく聴いたLOOKの名曲の数々だったり。そして、このライブを通じて、ああやっぱり自分は彼の音楽が好きなんだな、と改めて認識させられてしまった次第です。

 コンサート後直接お話できる機会があったので音楽製作環境について少し伺ったところ、Digital Performerをお使いとのこと。MIDIのみの時代からPerformer使いなんだとか。Mac+デジパフォの組み合わせは、I'veの高瀬さんと一緒ですね。

いわたかさん>
KSL Live World 、毎年は厳しいかもしれませんが、ソフトを発売した後に恒例という感じで続けてくれるとファンにとっては嬉しいですよね。私の活動の方はぼちぼちという感じなので、今後ともよろしくお願いします。

エクセルギーさん>
おかげさまで復帰しました。前よりもだいぶ快適になりましたよ。
電源はどうにもならないんですよね。時代とともに必要な電力は増す一方ですし、使えば使うほどホコリとかで劣化していきますし。

new-taroさん>
はじめまして、こんにちは。
いつの間にかDUal-Coreが当たり前、Quad-Coreも十分手が届くという価格になってしまいましたね。メモリもめちゃめちゃ安くなってしまい、あまりの変化に戸惑いながらの久々の自作でした。応援ありがとうございます~

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

山本はるきちライブ見てきました(1)

ライブ見てきます
私が尊敬して止まないアーティスト、山本はるきちさんのライブを見てきました。
今回は自身がボーカルを努める初めてのライブで、LOOK時代のナンバーが中心。お客さんもLOOK時代からの女性ファンが8割で、男性はほとんどいない状態。一緒に行った友人とも「久川綾さんのアルバムでファンになった奇特な連中は自分らだけだろう(笑)」などと話しながら、ライブを楽しんでました。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず仮復旧

間があいてしまって申し訳ない。
とりあえず仮復旧しました。サウンドカードのインストールがまだですが、OSが再び息を吹き返したので、やっとPCからblogの更新をすることが出来ます。

以前まで使っていたマザーボードが Soltek の SL-K8TPro-939 というもので、CPU は Athlon64 3000+ だったのですが、今回えいやっとばかりに GA-MA78GM-S2H という SocketAM2+ マザーと、Phenom 9550 Quad-Core を導入してみました。ビデオカードは AGPx4 の GeForceMX460 から、PCI-Express16 の GeForce8400GS に変更。メモリも当然買い替え。そして電源とフロッピーディスクドライブも新調してしまいました。いやはや、予想外の出費になってしまった(汗)

テキスト叩いたりブラウズしている間は特に早くなった印象はないのですが、以前より Cubase4 が快適に動くのは間違いないので、早くサウンドカードを付けてみなくては。

それにしても、BIOSが起動しないのには参りました。CMOSクリアすれば立ち上がるので、別マシンで最新BIOSをダウンロードしてフロッピーディスクにセーブし読み込ませたりとか、OSが起動しなくなってしまったので再度CD-ROMからインストールしたらNICを認識しなくなって、マイクロソフトに電話をかけてアクティベーションをするなど、自作機使いなら儀式とも思える作業の数々をこなした日々を過ごしておりました。

そんな苦労を経て完成したPC、これから頑張っていただくことにしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大ピンチ

メインマシンが起動しません。
困った……

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日曜の夜はアンニュイ

昨日・今日と肌寒い日が続きました。しばらく暖かい日が続いていたので、油断して風邪を引きそうになりましたが、皆さんも体調を崩さないよう気をつけて下さいね。

F1トルコGPを見終わって一段落しています。今回はいまひとつ盛り上がりに欠けるレースでしたが、終わってしばらくフジテレビ721をつけっぱなしにしてたら、箱根彫刻の森美術館の映像に合わせて久石譲のSummerが流れてちょっと懐かしい気分になってしまったり。……それってレースと全然関係ないやん(´д`;)

地上波の人はこれから録画中継なのかな? 寝不足に注意して下さいね。

スカイさん>

「~影二つ~」への投票ありがとうございます。

スーパーアグリは本当に残念です。フジテレビ721の番宣で琢磨が「このまま終われない」って言ってる映像が流れる度に残念な気持ちになってしまいますね……

Cipher さん>

大阪には行かれないんですよ。実はこの日は別の人のライブを見に行くんです。

今回はステージに出てみないかという話があったんですが辞退しました。私はプレイヤーじゃないんで、ステージのフロントで演奏を披露するなんて、酒の席でもない限り無理ですよ。お金取って聴かせられるような演奏じゃないんで(笑)

青眼の白龍さん>

初めてのライブ体験ということで、貴重な時間をファンの皆さんと共有できて良かったですね。ライブの良さはDVDで見るのではなく、実際に体験してみないと伝わらないというのが、よく分かったのではないかと思います。ちなみに、その方は多分生で姿を現す事はないかと思います。いや、現れたら大変なことですよ。少なくとも僕がKeyにいた頃には考えられないです(^_^;;

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

KSL Live World 東京 見てきました

いやいや、凄いライブでした。
あいにくの雨、気温もかなり下がった中の開催でしたが、ファンの皆さんの熱気にStudio Coastは包まれていました。Kanonからリトルバスターズ!まで、コミケットで発表したシングル等を含めると実に沢山の歌曲があったわけですが、それらの中から選りすぐりの人気ナンバーを4人の歌姫が披露して下さいました。

まだ大阪なんばHatchが残っているので詳しいレポートは控えますが、とりあえず謎のURLを残しておくことにしましょう。今日会場に行かれた方なら何のことかすぐ分かるはずです。

追伸:撤収の関係で関係者の皆さん全員にご挨拶出来ず、申し訳ありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Studio Coast

Studio Coast
寒いです!!
そして、楽しみです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々

明日は KSL Live World 東京ということで、今からわくわくしている人も多いのではないでしょうか。
新木場のStudio Coastと言えば、Short Curcuitのライブがこの会場でした。
見に行かれる方、明日は天候が少し悪いようなので、身体に無理のないように行動して下さいね。

みー♪さん>
「空に光る」への投票ありがとうございます。
バランス感覚というのは自覚していないのですが、使われ方という意味では、私よりもむしろシナリオライターの方々の絶妙な調整能力のおかげで、印象に残る曲となったと思っています。

高橋さん>
「彼女の本気」は、まさにそれを狙ったのですが、もうちょっと何とかなったようにも思います。
今聴くと未熟さも感じてしまったり。

Ja2さん>
Cubase4です。智代アフターからメインで使っているシーケンサです。
CLANNADまではレコンポーザ/98やAcidなどを使っていましたが、今はほとんどCubaseですね。
(レコンポーザ/98も使っていますよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーアグリ撤退

今日はF1の話題を。
先日からあちこちで話題になっていますが、スーパーアグリのF1撤退が決まりました。
資金調達が出来なかったのが主な理由だそうで、残念で仕方ありません。

スーパーアグリと言えば、昨年のカナダGPで当時マクラーレンにいたアロンソをオーバーテイクする佐藤琢磨の活躍がとても印象に残っています。まともに戦っていては絶対勝てっこないので、荒れたレースでいかに走り続け、ポイントを得られるか……という、厳しい下位チームの戦略でしたが、参戦2シーズン目で6位入賞という立派な成績を上げたグランプリでした。記録以上に記憶に残るシーンでした。

今週末のトルコGPから、サーキットにナンバー18・19の車はありません。佐藤琢磨やデビッドソンはどこへ行ってしまうのでしょうか。F1はいつもスカパー!のフジテレビ721で生中継を楽しんでいるのですが、今週末はKSL Liveがあるので、HDRに録画予約を入れておきました。20台のグランプリなんて久々ですよね……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コメント返し

アンケートにご協力いただき、皆さんありがとうございます。
コメントを幾つか頂いているので、今日はコメント返しです。

yorihiko さん>
放置しててごめんなさい。今後は更新がんばります……

ななしさん>
そうでした。汐が初めて披露されたのは、実はラジオCMなんですよねー。懐かしい。

やしの樹さん>
ゲーム中ではショート版しか流れないんですよねー<影二つ

千葉さん>
私は今もってF#-Majorで弾くことが出来ません(汗

diff. さん>
ラジオCM結構皆さん聴いてるんですね。水瀬さんち以外の枠でも流れてたのかな?

かつんぽさん>
歌だけでなくBGMも愛されている事をとても光栄に思います。KSL Live 楽しみですね!

引き続きアンケートは受け付けていますので、よろしくお願いします~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アンケート

この辺りで軽くアンケートを。

選択肢に曲名がなかったり、何か思うこととかありましたら
コメントしていただければ幸いです。('-'*)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

昨日の買い物は

昨日の買い物は
モニタでした。
1680×1050のモニタが2万円前後で買えるなんて、いい時代になりましたね……

元あったモニタとデュアルにして、一度に見られる情報量が倍以上になりました。新しい機材が来るとモチベーションが上がりますね〜

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アナログ

アナログ
今回のアナログは結構生産量がある感じです。
前回のがヤフオクでエライ事になってましたからね……

今日はこれから浜松町で友人と会ってから秋葉原へ買い物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OTSU #02より帰還

自宅に戻って一風呂浴びてやっと落ち着きました。
足がガクガクです(´д`) どのDJも素晴らしいパフォーマンスでした!!!

細井聡司さんのAnaは傑作だと思うんですが、万人には理解し難い音楽でもあるんで難しいところですね。細江慎治さんは"memento"収録の"メグメル"はもちろん、人気曲の"オーバー"は盛り上がってました。もっとBPM速いのが多いかと思いましたが、今回はあえて抑えたんだとか。Blasterheadさんの"鳥の詩"~"Farewell song"は前回OTSU#01で販売したアナログを2枚使用。プロジェクターに回るピクチャー盤が映ると会場から歓声がわいていました。Svensonさんの上げ攻勢には参りました。
これは踊らざるを得ない。The Beauty of Silenceは良かった。最高だ。トリを飾る折戸伸治さんは"空に光る"のremixが良かったです(初めて聴くものかも?)。民安ともえさんのLiveパートは冬コミのCDの曲を披露。私は持ってないので曲名とか知らないんですが、これも凄い盛り上がりでした。
アルコールNGだったのと、棒立ちで完全受け身の人が結構いたのがちょっと残念でしたが(オタ芸やってる人もいましたが、棒立ちより全然マシだと思ったりする)、十分楽しめるイベントだったと思います。前回のOTSU#01が会場すし詰めだったので心配していましたが、今回は踊れるスペースがあって良かったです。

来週はKSL Live Worldですね。どんなライブになるんでしょう。楽しみです。

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OTSU#02会場より

OTSU#02会場より
たくさんお客さんが入ってます。
クラブに慣れてない人も結構多い感じ。

アルコールNGなのはしんどいなあ(・ω・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OTSU #02

Ts3e0087

今まで色々と考えて投稿していたので、なかなか気軽に書かない分更新が滞ってしまっていたのですが、今日から駄文・短文でも臆せず投稿しようかと思います。ハイ。

つーわけで、これから OTSU #02 会場に向かいます。
適当に踊ってたり飲んでたりする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »