« 山本はるきちライブ見てきました(2) | トップページ | レス返しのみ…… »

携帯電話に思う

このblogは携帯電話からも更新しているんだけど、よくよく考えると携帯電話で長文を書いてblogに投稿なんてのは、20世紀には考えられない事だった。

携帯サイトが発達して、長文を電車の中で懸命に打っている人の姿も日常となり、社会問題にも発展しているこのご時世ですが、こんな記事を見かけました。

小・中学生のケータイ所持禁止も提案 - 政府・教育再生懇談会
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/05/19/008/

メディア各社によって表現が異なり紛らわしいのですが、携帯電話の所持禁止に動くということではなく、提案された3案のうちの1つが所持禁止だったという話。他に機能を限定するとか、フィルタリングを義務づけるといった案があります……が。

あくまで個人的な意見なのですが、法令による携帯電話の所持禁止というのは、臭い物には蓋をするという意味にほかならず、何の解決にもならないと思うんだけどね。これはインターネット全体でも同じ事が言えるわけなんだけど、正しく使えば便利な道具だし、誤った使い方をすれば年齢関係なく犯罪に結びつく。

解決法としては、親が端末を徹底管理するというのも自然だとは思うけど、それ以上に業界各社の啓蒙活動に期待したいところ。過去にMMORPGが流行して廃人やRMTが社会問題になった時もそうだけど、IT業界って利用者へのリスクの説明や啓蒙活動をほとんどせずに、後に社会問題化して結局後手後手というケースが多い気がする。早い時期から政府広報みたいなCMを作れとは言わないけど、他社との競争よりも優先すべき大事なことだと思うんですけどね。

携帯電話の問題は多々ありますが、いざという時にとても有効で便利な道具であるという事を忘れてほしくないと思います。所持禁止は最後の手段にして欲しいところです。

|

« 山本はるきちライブ見てきました(2) | トップページ | レス返しのみ…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。初書き込み失礼致します。
夜分遅くにすみません。
法改正や禁止措置等(taspo等も)の件について、
一応、「抑止力」にはなると思うのですが、
仰るとおり根本的解決には至りませんね・・・。
仮に「その行為」が興味本意の時点でしたら
まだ救いようもあるのかな?とも思ったのですが、
「常習性」や「依存性」が一度根付いてしまうと、
いくら規制を掛けても法の隙間を掻い潜って
不正に手を染めてしまう方の存在も否めません。

又、個人的に某MMORPG現役6年目でして、
RMTの影響とも言えるゲーム内の物価変動
(インフレ等)に悩んだ時期が多少なりありました。
近年は専門チームが導入されましたので、
一時期よりは格段に落ち着いておりますが
無論、当初より数年間は無法地帯でしたし、
早期解決を待ち望んだ事は言うまでもありません。

全般に言える事は便利さを追求するあまりに
マイナス面での想定範囲が狭くなってしまっていて、
経年と共に続々と想定外の事態が発生する事ですね。
経験から学ぶ事、もといユーザーの反応を見ながら
手探りで成長してゆく分野も非常に多いと思うのですが、
近年、社会的影響が著しく大きい分野においては、
企画段階で細心の注意を払う必要性を感じます。
仰るとおり競争は二の次ですよね・・・。

投稿: ALPHA | 2008.05.21 02:38

そうですね。
たしかに、法による携帯電話の禁止は、表面上はどうにかなっていても、根本的解決にはなっていないと思います。
それは、パソコンの有害サイトフィルターでも、煙草の自動販売機の認証機能の導入でも同じだと思います。

携帯でも、パソコンでも、正しい使い方をすれば、自分の世界を広げることができる便利な道具です。
ただ、利用者の中には犯罪に利用する人もいますし、自分自身を制御できなくなってしまう人もいます。
僕の友達でもオンラインゲームにハマり、不登校になって、最終的には学校を中退してしまった人がいました。
それ自体は悪いものではないし、むしろ素晴らしいものなのに使い方を誤ると、とんでもないものになってしまう。
そんな例も数多くあると思います。
そして、それはとても残念なことだと思います。

街を歩いていても、「今、当社と契約すれば○○円分の商品券プレゼント!」とか「○○は~も対応!」などのような他社との勢力争いばかりが目に付き、このような対策を優先している会社は少ないですね。
ちなみに、僕の携帯はフィルタリング付です。
僕は、親に「携帯は高校に入ってから」と言われていたので先月まで持ってませんでしたが、中学の時もすでに、周りの友達でも持っている人が多かったです。

携帯に話を戻すと、もちろん会社などの提供する側もそうですが、使用者もどのように使用、管理するかというのが一つの課題だと思いました。

投稿: いわたか | 2008.05.21 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209860/41271735

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話に思う:

« 山本はるきちライブ見てきました(2) | トップページ | レス返しのみ…… »