« ごぶざたしてます。blog復活&Last Stage 3 | トップページ | 艦これ白書 »

DATの吸い出し

P2  昨日twitterには書いたのですが、最近昔録ったDATをPCに吸い出す作業をしています。戸越がDATを使い始めたのが1992年の夏、DENONのDTR-80Pという機種で、ラジオのエアチェックからCDのダビングからDTM演奏まで色々録音してました。当時はDTMと言ってもSC-55等のDTM音源を使っていた訳ではなくて、SY77やRX5というYAMAHAの機材でやっていたので、今聴くとある意味新鮮。しかし音楽的には全然なってないので。他人には聴かせられない恥ずかしい、いわば地雷だったりします。
 当時のテープは痛みが心配でしたが、テープ冒頭の部分にデジタルノイズが乗ってしまう事を除けば、おおむね録音当時と全く同じ音質で再生できました。これがデジタルの良い所。素晴らしい音です。
 今持っているSONY DTC-790というデッキも、製造開始から18年が経過していていつ壊れてもおかしくないような状態。ヘッドホン端子はガリが酷く、そのまま聴くにはちと辛い。光デジタル出力が生きているうちに、手持ちのテープを早く吸いだしてしまおうと思います。残り15本くらい。道のりは長いです。

|

« ごぶざたしてます。blog復活&Last Stage 3 | トップページ | 艦これ白書 »

コメント

戸越様、こんばんは。
オルフィと申します。
SY77をお使いでしたか!
YAMAHAの名機は今でも良い音しますよね。
私も昔にSY99を所有していた時期がありますが
RolandのJD800に勝るとも劣らないいいモデルだったように思えます。
また気が向いたらSY99を中古で購入しようと思ってます。
昔の音源は今の音源よりも音も熱く躍動感がありますよね。
DATは良い音しますよね!DAT D-07Aを所有していますが16/96特有の音の良さがあるので今でも持っています。最近はハイレゾやDSD音源が主流になっていってますよね。

投稿: オルフィ | 2013.11.17 01:51

オルフィさん、こんばんは。
SY77は当時としては非常に高いスペックで、その音にとても感動したものです。
今弾いても昨今のPCMシンセにない味わい深い音色があって、とても気に入っています。

DATは手軽にデジタル録音でき、しかも非圧縮という唯一のメディアだったので、これしか選択肢がないとう感じでした。DSDは主流になるのかなあ、音楽を聴く側の大半がmp3で十分と判断してる気もするんですよね。ちょっと厳しいような気がします。

投稿: 戸越まごめ | 2013.11.22 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209860/58528566

この記事へのトラックバック一覧です: DATの吸い出し:

« ごぶざたしてます。blog復活&Last Stage 3 | トップページ | 艦これ白書 »