« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

ラブライブ!とか。

相変わらず(のつもり)の戸越まごめでございます。

Twitterで私をフォローしている人ならお気づきだと思いますが、最近(と言っても2ヶ月ほど前ですが)ラブライブ!のアニメを見るようになりまして。

事の発端というのは2014年5月2日の話。

と、まあ TOKYO MX で1期本放送を録画していた事もあって「いいから早く見ろ」的な感じだったんですね。

それまでの私の知る断片的な情報としては……
  • 女の子が学園アイドル活動をしているらしい
  • 舞台が秋葉原らしい(特に職場の近所の甘味処が聖地になっているらしい)
  • 今年冬のさいたまスーパーアリーナのライブが大雪と重なって凄かったらしい
程度だったんですよ。んで、1期と当時の最新オンエアだった2期5話まで一気に見まして。
いやあ、可愛い女の子が沢山出てくるわ、歌やダンスのアニメのクォリティ高いわ、お話は青春直球ど真ん中勝負だわ、いやあ気づくのが遅すぎたのが悔やまれました。まさに同席のラブライバーに完全敗北した形です。
で、2014年5月17日のツイートがこちら↓

1期4話の花陽ちゃんの話、2期5話の凛ちゃんの話、この2つがもう好きで好きで仕方がなくて。少女の成長物語って昔っから弱いんですよ。アニメの演出もこの2つのお話が密接にリンクしてて素晴らしいとしか言いようがない!ハラショー!!

でもうそうなると続きが気になって仕方がない。今まで日曜日の夜と言えば、サイコロを振って深夜バスに参ってる大泉洋さんを見るか、マルシャの前くらいは走ってくれよと小林可夢偉選手を応援するかのどちらかだったのですが、22:30にはTOKYO MXにチャンネルを合わせるようになっていました。
そして 2014年6月1日 2期9話がオンエアされた日に事件は起こります。

Snow Halation の曲自体は、前出のラブライバーさんに PV を見せていただいた事もあり知っていたのですが、TVアニメの表現クォリティアップが尋常じゃなくて、そしてスノハレが頭の中でぐるぐる回って止められない、止まらない、なぜ!!

こうなった時、私が決まってやることは1つ。耳コピです。
音源は学研のポケット・ミク NSX-39 シーケンサはPC-9801DOS版レコンポーザ。
1990年代のMIDI文化を知る人も知らない人も見ていただけているようで嬉しい限りです。
2014年の今、耳コピの打ち込み作品を公開する意味があるのかどうかは分かりませんが、こんな感じで自分の好きなようにニコニコ動画でupできたらいいなあ、などと考えています。夏コミは夏コミで別途進めていますのでご心配なく!
ラブライブ!の2期も終了し、劇場アニメ化も決定しましたが、ひとまず一段落という所でしょうか。CDは色々リリースされ続けるようですので、家計の負担にならない程度で追いかけて行こうと思っておりますです。はい。
追伸:今は豆フェス2が頭の中でぐるぐる中です。うずうず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »