ゲーム

艦これ白書


undefined
いや、私はプレイしてないんですが、凄い人気のようですね。

現存企業から文句が来ない、かつ種類が豊富で、擬人化しやすい素材という、実にピンポイントを突いてきたな、という感じがします。
そこで、そういった擬人化が出来る素材が他にないか考えてみました。

・電池
・電子部品(ダイオードやコンデンサ、TTL等)
・unixコマンド
・元素(これは既にある)
・楽器

うーん、簡単にはなかなか思い付かないもんですなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごぶざたしてます。blog復活&Last Stage 3

 皆様、blogではお久しぶりになります。戸越まごめです。
 しばらくtwitterにて思うままにつぶやいていたのですが、思っている事、考えている事が素早くうまく的確に表現できなくて、それだったらある程度考えをまとめてからでもblogに書いた方がいいじゃないか、と思った次第です。最低でも1週間に1回更新しよう、という目標で頑張りますデスヨ。
 さて、昨日2013年11月03日(日)ですが、Leaf の White Album,White Album 2 オンリーイベント「Last stage3~終らない奇跡」に行ってきました。White Album 2 は現在アニメも放送されている事もあってイベントは大盛況。同人サークルとして参加されていた方々の中にはお揃いのTシャツを着ている方々もいて、サークル間の交流の深さや作品への思い入れの深さが伺えます。
 そして驚いたのが、同人サークルさんだけでなく、アクアプラス自身が参加していたり、上原れなさんと津田朱里さんのミニライブもあったりなど、ファンならば来なきゃ後悔間違いないだろう、と思うくらい充実した内容だった事。初代 White Album が発売された頃の即売会にLeafが参加した事がありましたが、Keyも昔のタイトルのオンリーで、こういう形の参加をするというのがあれば面白いのになあ、と思ったりしました。
で、私と White Album のプレイ状況ですが、2の方はPS3版(プレミアムエディション)を買って積んである状態。。。すみません。||orz
1の方は1998年当時に買ってひと通りクリアしていますが、それに負けず劣らず修羅場展開があるという事なので、これから少しずつPS3をポチポチしながら遊びますです。ハイ。なので、プレイ進捗があれば感想をここに書くので、既に遊び尽くした皆さんはそれを見てニヨニヨしていただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tales of Phantasia (3日目)

・ゴーレム2体を同時に相手する。技を使いまくって凌ぐ。
・じっちゃん、村の人を黒こげにしちゃあダメだよw
・ミントと添い寝できるフラグとかないんですか!!!!!

プレイ時間:2時間56分
とごしまごめ Lv13/ミント Lv13

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tales of Phantasia (2日目)

・洞窟に入った。どこにあるか結構探してしまった(汗)
・溶岩飛行中、飛行効果が切れて危うく死にそうになる。

プレイ時間:2時間21分
とごしまごめ Lv12/ミント Lv12/チェスター Lv12

今日はここまで。


 すっかり秋の空気になってしまった東京ですが、皆さんのお住まいの地方はいかがでしょうか。
そろそろ長袖の準備もしないといけないですね……

東横アウトさん>
こんにちは。なるほど「6」がオススメなのですね。よく覚えておきます。
1990年代はハードウェアの進化が著しいので、前期と後期で全然違うタイプのゲームが流行りましたが、バーチャファイターにはかなりつぎ込んだ思い出があります。ああ懐かしい。

エクセルギーさん>
アニメにもなっているんですねー。知りませんでした。
実はPS3は持ってないんですよ。XBOX360を発売日に買ったので、これで満足というか、なんというか(汗)。

mizyouさん>
実はヴェスペリアをプレイしたかったのですが、初代に遡って1つ1つプレイしていくのも良いかな、などと思って始めた次第。 テイルズシリーズは作品によって出来にばらつきがあるらしいのですが、ヴェスペリアは面白いらしいですね。 いつかプレイしたいと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Tales of Phantasia (1日目)

1日1時間を目標にまったりプレイ。気づいた事をだらだら。

・よく動くアニメオープニングだなあ。曲は吉田由香里バージョンの方が断然良い。
・まるで説明がなく、全く理解出来ない前振りは中二病の小説のようだ
・主人公の名前を「とごしまごめ」に変更、これお約束
・親友チェスター登場。どっちが受けかは後で決めることにする
・ペンダントの話が出た所で、すぐ盗られるものと確信
・外に出て戦闘、少しアクション要素があるのだな。なるほど。
・いきなり燃やされる町。旅に出る動機にしちゃ荒っぽいなあ
・隣町まで移動。いきなり捕らえられペンダントを奪われる。ほーらやっぱりw
・ミント登場。母上の話題を逸らす主人公、当然ながらGJ
・チェスターと合流。これで三角関係が成立。

プレイ時間:1時間3分
とごしまごめ Lv6/ミント Lv5/チェスター Lv4

今日はここまで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

そういえば5

皆さんからのコメントを見て、5が発売になったことを知りました。いやいや、やっと出て良かったというのが本音かも。プレイして良かったと思えるような作品に仕上がっていれば何よりです。


今日はこれから大阪へ旅立ちます。途中名古屋に立ち寄り、東海・近畿を国盗りしつつ移動。ランキング100位台をキープするのも大変です(笑)。突発的な集中豪雨に巻き込まれませんように。

携帯からなのでレスはまた次回に。本当すみません……orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝☆リトルバスターズ!発売/SY99

 本日、めでたくリトルバスターズ!が発売となりました。

 秋葉原および日本橋の一部店舗では0時深夜販売も行われたようですね。沢山の方々が既にお買い上げいただいているようで、激しく感謝しております。これから、仕事帰りにショップに寄ってお買い求めになられる方々も大勢いらっしゃることでしょう。"MELTY BLOOD Act Cadenza Version B"も良いですが(笑)、一緒にリトルバスターズ!もぜひよろしくお願いします。m(__)m

 

0723_sy99 今日は機材の話。私が現在メインで使っているキーボードは、今から16年ほど前に製造された、YAMAHA SY99 というシンセ。昔はプロの人もステージで結構使っていたんですが、今はほとんど見なくなってしまいました。基本的には入力用デバイスとしての使い方が中心で、実際に使う音色は PC 側の DAW に立ち上げたVSTiだったりするんですが、これ単体の音は1990年代の特徴的な音色が盛りだくさんで、弾いててとても気持ちがいいです。AFM(Advanced Frequency Modulation)音源が乗ってるので、懐かしの DX7 エレピの音もそのまま鳴りますよ。なので、せな★せなの曲で使ってみようかと思っています。ハイ。

 

 FM音源と言うと、ゲーム音楽とか着メロを想像する人が多いのではないでしょうか。なもんで『音が細い』とか『ちゃちい』とか、そんなイメージがあるんじゃないかと思うんですが、本当はそんなことない。

 私は DX7 のサウンドにやられた口なので、そんなマイナス的なイメージは微塵もなくて、むしろシンセらしくかっこいいイメージの方が強い。6オペレータの音色は表現力豊かで厚くて、ゲーム機とかの2オペ4オペのチップと一緒にくくっちゃダメだと思う。最近は使う人が減ってきちゃったけど、今だからこそ、FM 音源ブーム、みたいのが来てもいいんじゃないかなあ、なんて思ったりもします。(もちろん6オペの方でw)

 

……なんて書いても伝わらないと思うので、FM 音源と当時最先端だった PCM 音源をふんだんに使った、私のお気に入りのアルバムを1つ紹介。Key ファンなら「おや?」と思うようなタイトルの曲もありますよ(笑) オススメは Track 3 と 5……って、えええこれ今再販してないの!?!?ショックだ…… |||orz

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK

 先日、『神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK ~EPISODE 1&2 BOX EDITION~』の初回特典としてついてくる、オリジナルサウンドトラックCDのマスタリングをさせて頂きました。マスタリングとは何ぞやというと……ここから先はKuroCoさんのblogと被るので、そちらをご覧下さいまし。

 定価が \2,800(税別) というタイトルにもかかわらずサントラCDが付いてくるという、なんて太っ腹なパッケージなんでしょう。いやはや、メーカーの皆さんご苦労様です。発売が何度か延期になってしまっていますが、8月10日に決まった様子。無事に発売されることを心から祈りつつ。

 それにしても、デモムービーがとってもかっこいいので、ぜひ一度ご覧いただきたい!
 こちらからダウンロードできます。ちなみにニコニコ動画にも上がっています。

 fripsideさんが作られた主題歌『hurting heart』にシンクロしているのは勿論なのですが、その演出がとても素晴らしい。最近のエロゲーデモにありがちな「プラグインと素材を多用した、とてもせわしなくて何を見せたいのかよく分からない動画」とは一線を画す、「伝えたいテキストや見せたいCGを、ユーザーが理解できるように的確に見せ、しかも演出がかっこいいデモ」に仕上がっていることです。時間配分を考えて、コンテンツの量をあえて絞っているのでしょう。だからこそ洗練された美しいデモが出来上がるのではないでしょうか。デモを作られた柊☆でぃるまさんのセンスに脱帽です。

 そんなこんなで、通称「黒ポリ」をどうぞ宜しくお願いしますm(__)m

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)