映画・テレビ

TVアニメ CLANNAD

 すっかり秋の陽気になってしまった今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。少々風邪気味の戸越です。

 

 さて、テレビアニメの CLANNAD が先週木曜深夜から始まりましたね。皆さんはご覧になられましたでしょうか。私も HDR に予約を入れておいたので、この週末に早速拝見させていただきましたが、京都アニメーション様の丁寧な作りに脱帽です。毎週のオンエアがとても楽しみになりました。

 

 この Blog をご覧の方々は、原作スタッフなどKey関係者はオンエアの前にチェックしたり監修したりでひととおり見ているんだろう、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全然そんなことはなくて。私は関東なのでTBSで見られますが、大阪のKeyスタッフの中には、MBSやBS-iのオンエアまでおあずけという方もいらっしゃるようです(噂レベルなので本当はどうか知りませんが)。なので、BGMを作った私自身も、どこでどのように曲が使われるのか、皆さんと同じように、毎週木曜深夜を楽しみに待っているわけです。

 

 ちなみに、AIR の DVD は初回限定版を Prelude から MEMORIES まで全部自費で購入してます。(全巻購入特典も応募してゲットしましたw) KanonはHD画質のメディアで発売されるまで BS-i の録画で我慢。今回の CLANNAD も、HD画質のメディアで販売されるまでは BS-i のオンエアを HDR に保存して鑑賞しようかと思っています。

 

 CLANAND 第1話の中でも私の作ったBGMが結構使われていましたね。その中の「田舎小径」という曲に関するちょっとしたお話。この曲は、あえて拍子の頭を勘違いするよう作ってあります。三拍子のクリックなりドラムパートなりをBGMの上に重ねてみると、変拍子ではないことが分かるので、興味がある人はやってみて下さいね。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

方舟とワイバーン

今日はまずコメント返しからです。

 

terragenさん>

 こんにちは。前回返し忘れてしまいました。スミマセン(汗) は~りぃすたーふぃっしゅ、人気ありますね。風子がいっちゃってるシーンに合うんでしょうかw 新しい探偵はたむらけんじさんですね、初報告となる「心の字がうまく書けない」を見ましたが、まだあまり慣れてらっしゃらない様子で、今後に期待です。コメントありがとうございました。

 

りんねさん>

 こんにちは。コメントありがとうございます。DW-8000 も時期的に DX7 とほぼ同じ頃のシンセですよね。確か KORG 初のデジタルシンセだったかな? FM音源もそうなんですが、当時の非力なDSPで実装できてしまうほどなので、今なら汎用チップでも十分処理が追いつくんでしょうね。KLC-DE の新インストゥルメントとして出してくれないかなあ……

 

 

20070811  さて、この日記を書いている今も、NHKのBS-2で押井守監督作品がオンエアされているわけですが、今日は機動警察パトレイバーの特集。実は私はこの作品がOVAやTVAで展開されていた頃からのファンではありません。当然劇場公開もスルーだったのですが、1995年頃だったかな、ある時友人の勧めでこの作品を見て「ああ、なんでこんな面白い作品を知らなかったんだろう」と思った次第。特に劇場版2は何度も見たくなるほど面白かった。

 

 攻殻機動隊 Ghost in the shell が劇場公開された頃だったかな、確かテアトル新宿だったと思うんだけど、押井守さんが以前に監督・演出などで関わった作品を、集中してレイトショーで上映する企画がありまして、最も人気があるであろう劇場版パトレイバー2作の回を見に行った記憶があります。その時は上映前に舞台で押井守監督自身が語るトークショーを行っていました。ああ、なんか今になって物凄く貴重な経験をした気がするw

 

 DVDも持ってるし、何度も見てはいるんだけれど、やっぱ劇場でもう一度観てみたいなあ。それが叶わないなら、HD画質で見てみたいなあ、などと思っています。っていうか、なんかもうBlu-ray版もHD-DVD版もあるみたいですね。(バンダイビジュアルは相変わらずありえない価格設定してますね……こんなんだから手を出さずにHD画質でオンエアされるのを待とうと思ってしまうんですよw)

 

 

(HD-DVD版です。Blu-ray版もあるようです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Night じゃなくて Knight

今日はレス返しから。

 

捕鯨さん>

こんにちは。コメントありがとうございます。そうですね、民主の動きが無様だったら、次はどこに入れりゃいいんだよ、って感じになっちゃいますもんね。与党の批判しかしてない所は、そういうのが不安なんですよね~

 

 さて本題。今日はいつも使っている駅前のCD&DVDレンタルショップに行ってきました。

 

 借りるのは大抵サウンドトラック系のCDだったり、1980年代のポップスだったりで、最近の曲はほとんどスルー。その店は行くたびにいつも『あるジャパレゲのアーティストが今年6月に出したシングル』が流れていて、やっぱ売るためには結局刷り込みしかないのかなあ、などと思ってしまう次第で。

 

 さて、今日借りてきたのは、探偵!ナイトスクープという番組のDVD。関西方面にお住まいの方なら知らない人はいないだろうけど、関東ではかなり知名度が低い。ABC(朝日放送)制作なので、関東ならテレビ朝日で放送されるのが自然なのですが、どういうわけか流れていない(2005年3月で打ち切り)。その代わり、テレ玉tvkチバテレといった独立UHF系で放送されています。テレ玉やtvkだと、時間帯がゴールデンタイムなので、なかなかUHFにチャンネルを回す人がいないんじゃないかなあ。ちなみに私はSky・Aで見てます。これがいちばん確実。詳しい番組の内容はWikipediaを見て下さい(なんだそりゃ)。

 

 で、私は1999年~2003年まで関西に住んでいたので、その間はよく見てました。ギリギリですが上岡龍太郎時代を知っています。しかしそれ以前は全く知りません。1988年に放送開始となったこの番組、初期の頃を見てみたいと思い借りてみたのですが……

 

生瀬勝久若すぎ!!しかも名前違うし!!

この頃から岡部まりが秘書なのか!!

桂小枝に髪生えてる!!

しかもこの頃からパラダイスネタかよ!!

 

……などなど、かなり驚きながら見てました。

 

 個人的には、探偵局長は西田敏行も悪くないですが、上岡龍太郎の方がいいなあと。特に番組冒頭の口上や、探偵の紹介の歯切れのよさがあるのとないのとで、ずいぶん印象が違うもんです。

 

 このDVDに収録されているエピソードは 「カーネル・サンダースを救出せよ!」 「淡路島のパラダイス」 「浪花のモーツアルト」 「キョーレツな寝言おやじ」 「日本一周旅行中の息子」 「人気者の犬のさっちゃん」 「能勢の昔の恋愛」 「大和川ボート通勤」の8本。いちばん面白かったのは「日本一周旅行中の息子」。母親が息子に抱きつくシーンは涙と笑いが入り混じるフクザツな心境になれます。

 

 というわけで、とても面白かった。また借りてこようっと。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)